009: 自由が丘で一人暮らし物件探し! その2 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 住まい探しのヒント > title - 009: 自由が丘で一人暮らし物件探し! その2

>> EDIT

009: 自由が丘で一人暮らし物件探し! その2

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



■このブログをリンクに追加■


9-a



NETの代表的な家探しサイト
HOMESとか、SUUMOとか)で、

良さそうなところをPick upして、

そのサイトからいくつか不動産屋に問い合わせ。

だいたいその日か翌日中に返信があって、

その中で、丁寧で対応が良さそうな不動産2件に

アポをとって来店した。

まず、1社目、A社。

都内に3-4件ほど、展開している不動産屋さんらしい。

メールと電話で事前に伝えておいた希望条件に

比較的あっている物件の図面を見せてくれた。

ひととおり話して、「2-3件、内見してみましょうか」

という話になるところまでは問題なかった。

でも、「じゃあ行きましょうか」となってびっくり。

なんと、そこは、全て電車と徒歩で案内だった。

えーーーーーーー!!!ってかんじ。

忘れもしない、季節は初夏。

初夏とはいえ、その日は30度超えだった。

超汗だく。

しかも、その担当者(Aくんとします)自体、

行ったことのない物件もあり、

地図を見ながら迷いまくり。

Aくんと2人、汗だくになりながら、

何分も連れまわされる私。

ありえん。。。 ありえない。。。

でも、私、変なところ小心者。

そのAくんはまだ社会人2-3年目であろう、

20代半ばくらいの若い男性で、

親切で、一生懸命だったので、

なんか、ちょっとかわいそうになっちゃって、

「ありえないんですけどっ」ってキレられなかった。

だけど結局、汗だくになりながら見た物件、

どれもこれも「住みたい!」って

思えるものがなくて、保留になった。

保留にしても、イヤな顔はされなかったし、

最後まで、丁寧で嫌味のない対応だった。

ひとまず、

「またいいの出たら連絡します」と言われ、

Aくんとは別れた。

かなりグッタリ。



そして別の日、B社に行った。

こちらは、大手ということもあってか、

なんだかものすごい体育会系。

お店入った瞬間、全員がこっち向いて

「いらっしゃいませ!」

みたいなカンジで、ちょっとヒイた。

担当者が出てきて、A社と同じように

いくつか物件の図面を見せてくれた。

最初は、この必要以上に体育会系なノリが

なんだかちょっと怖かったのだけど、

色々と希望を話すうちに、私は、

その担当者(Bくんとします)が、

異常なほどに色々と詳しいと悟り始めた。

何を質問しても、丁寧にきちんとした答えが返ってきた。

こちらのBくんも、おそらくまだ20代。

出してくれた物件のうち、2つほど見てみたいと

思うものがあったので、

「じゃー行きましょうか」となった。

こちらは、車での案内で、ほっとする。

(いやいや、考えてみれば普通だと思うけど 笑)

物件までの道すがら、色々と周辺も案内してくれて、

それもかなりDEEPな、

このへんに詳しくないと知らないよね的な情報も

しっかりくれて、安心できる案内だった。

で、そのBくんと一緒に見た2件中、

後に見たほうの1件がなかなか良さそうだった。

しかし、一応、ぎりぎり予算内ではあるものの、

9万円台。んー、高い。

うーーーん、悩む。

つづく。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 住まい探しのヒント | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/11-c28dec01

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>