010:自由が丘で一人暮らし物件探し! その3 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 住まい探しのヒント > title - 010:自由が丘で一人暮らし物件探し! その3

>> EDIT

010:自由が丘で一人暮らし物件探し! その3

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



■このブログをリンクに追加■


8-a

写真にはのっていないけど、
ついかの"MUST"条件として、
敷金礼金 1:1まで。
(そもそも、敷金は理解できるとして、礼金はねぇ。。。)

本当は礼金・手数料・更新料・保証人不要の
UR物件が1番いいのだろうけど、
希望しているエリアにはなかった。
-----

009:House Hunt - 3

↑のつづき。

ぎりぎり予算内ではあるものの、

9万円台かぁ・・・、高いなぁ・・・。

と迷っていると、

「金額を決めて、この金額なら必ず入居します、
という前提でしたら、大家さんと
交渉TRYしてみます。」

と言われた。

物件自体は良かったし、

とにかく、暑い季節だったので、

「この暑い中、また日にちや時間を割いて
いろいろと見てまわるのもダルすぎる・・・。
早く決めたい・・・。」

という方に思考が行き、

「じゃ、ダメもとで、交渉お願いします」

と、任せてみることにした。

「交渉できるかも」と言うからには、

きっと大家さん側も、空っぽの部屋にしておくより、

早く誰かに入ってもらい、家賃収入確保したいから、

「交渉応じます」というスタンスなんだろうな、

という読みもあったし。



その物件を見た翌日、

「85000円でOKでました」とBくんから連絡が入り、

無事契約。

MUSTは全てOK
WANTは一部NG

の物件だけれど、MUSTが全てOKであれば、

妥協のしどころかな、という感じ。




個人的な意見としては、

結局、家探しって、

ウダウダと時間をかけて何十件も見たところで、

決める気のない人は全然決まらないのだと思う。

見れば見るほど目移りしてしまうし、

悩みに悩んで

「これにしよう!」と決めて連絡した時には

もう遅く、「他の方に決まってしまいました」

ということもあるだろうし。

「いい!」と思う物件は、

似た条件で同時期に探している他人も

「いい!」と思う確率が高いのは当然。



短期集中で、5-10件くらい見て、

サクッと決めて、

「これが運命だ」と、そそくさと

引っ越し準備を始めて前に進むのが、

私のやり方です。



「ただ暑さに負けて妥協しただけじゃない?」

という説もありますが。



ちーん。。。 そうかも。

・・・冷静に決めるには、

寒すぎず、暑すぎず、花粉もない、

快適な季節の引っ越しをおすすめします。

季節を選べるなら、という前提ですが。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 住まい探しのヒント | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/12-87e04a0d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>