156: 老前整理のHELPでおこづかい稼ぎ♪ 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 家事のヒント > title - 156: 老前整理のHELPでおこづかい稼ぎ♪

>> EDIT

156: 老前整理のHELPでおこづかい稼ぎ♪

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



■このブログをリンクに追加■

156-1
すっごく神秘的だった先週の東京の秋空♪





電話にて。

私:ねぇねぇ、○○必要なんだけどある?

母:あるよー。うちにないのはお金だけだからwww

私:あはははは。知ってる。

母:でしょ。

私:来週借りに行くから。

母:おっけー。



ちゃっかり必要なものは借りておいて、

こんなこと言うのもナンだけど、

実家というのは、

どうしてこう、モノが多いのだろうか。




両親は60代前半。

まだまだ口も体も元気だけれど、

私たち姉妹が、常にお願いしているのは、

「お願いだから、体が動かなくなる前に、
 いらないものは処分してね。
何も残してくれなくていいし、
 残すならお金で残してね。えへ。」

ということ。

「そんな冷たい・・・」
「えらそうに・・・」
「何様のつもり・・・」


と思われるかも知れないけど、

「両親が亡くなってから4年たった今でも
 毎週のように実家に片付けに帰って、
 まだそれでも片付かないんだよね」


という知り合いの話を聞いて、

「そんな事態だけは絶対に避けたい」

と思っているのが私の正直なところ。



「いったい何十人家族ですか」

っていうくらい食器はあるし、

クローゼットには引退した父のスーツが

ずらっと並び、パンッパンっ。

母のタンスも、きれいに整理されてはいるものの、

ワンシーズン毎日違う服を着ても余るんじゃないか

というくらいの洋服の量。

洗面台の下には、シャンプー、入浴剤、

未使用のタオル、そして数々の洗剤類が、

お店でも開けそうなほどつまっている。

スリッパだって、

「いったいどれだけ客人が来るんですか」

というくらいあるし、

私と反対でストックがないと落ち着かない母は、

食料庫に調味料やコーヒーや麺類のストックがたっぷり。

もう使わないマッサージ機やテーブル、

ペット関連用品やガーデニング用の土や鉢、

さらに最近、しょっちゅう遊びに来る孫のための

おむつやおもちゃなんかも増えはじめた。

このままの調子で行くと、これらをいつか、

私たちが片付けるハメになるのかと思うと、

本当に恐ろしい。



「なんでも鑑定団」に出てきそうな、

年代物のツボやら屏風やら絵画やら、

どうやって捨てるのかわからないほど大きなものや、

動かせないほど重たそうなものがないだけマシだけど。





「モノを大事にする」
「捨てない」
「もったいない」


という精神を心に刷り込まれた年代の人たちに、

ただただ、

「手放しなさい・捨てなさい」

というのは、とても酷な話なのだと思う。



だけど、

「それ、もう使わないなら、ほしい人の手元に
 行ってもらったほうが良くない?
 たぶん、売れるのけっこうあるよ」

と教え、実際にお金になれば、

考え方が変わるのではないかと思い、

先日実家に行った時に、

着ない洋服を数十枚「仕分け」し、

オークションに出してあげたら、

1週間で数万円になった。



ほとんどが数百円だったけど、

中には、リサイクル屋に持って行っても

数百円にしかならないであろうブランドもので、

数千円で落札されたのがあってびっくり。

「よくこんなのとっておいたね…」ってくらい

古いのだったのに。やっぱり保存状態って大事ね。



「ほしい人」がダイレクトに検索してくれるのと、

安く買いたい人の数の分母が圧倒的に大きい

ヤフオクや楽オクなどの

オークションの威力はやっぱりすごいね♪




今度そのお金を渡し、

「これで一緒にごはんでも食べにいこ♪」

と言いたい。

(写真とったり包んだり発送したり、
 私の労力もけっこうかかってるから
 ごちそうしてちょーだい。。。)



もう家を出て、そこに住んでいない人間に、

あれこれ家をいじりまわされるのは、

たとえ家族といえども、

気持ちの良いものではないだろうから、

引き続き老前整理、身体が元気なうちに、

早めに自分で取り組んでもらえるよう、

お願いしたい、ほんとに。


「人の家のこと心配するヒマあるなら
 自分の将来を心配しなさい」

と言われそうな気もするけど。

ま、そう言われたら、

「残念ながら、親の老後の心配も、
 私の将来の心配ごとの中の立派なひとつなの」

と笑顔で応戦するつもり。

く…苦しい… 苦笑


オークションでいらないものを上手に手放して
上手に断捨離♪&お片づけ♪&老前整理?!
おまけにおこづかいもGET♪
体験レポはこちらをclick!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 家事のヒント | 15:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

>ふるふる-san

コメントありがとうございます♪
発砲スチロールとはなかなか強敵ですね・・・ 笑

やはり、相当意識しないと、
モノってどんどんたまっていくものなんでしょうか。。。

私は、"できる限り少ない荷物で暮らしたい派"なのですが、
両親はとにかく"もったいない派"なので、
いつも、実家に遊びに行くたびに、
「これいるの?」「これもういらないんじゃない?」
「これ片付けようよ」と、
うるさく言ってしまう私です。。。

うるさいだろうなーとはわかってるんですけどね。。。
どううまく、片付けの波に乗せるかが、今後の課題です!

Taemi

| Taemi | 2011/10/25 16:59 | URL | >> EDIT

はじめまして!
まさに私も同じ事を心配しています。

ストックはまだいいのですが、
魚やさんなの?というぐらいの発泡スチロール箱や
紙袋。そういうものがたくさんあります^^;

指摘しても「使うから~」と明るい返事が
返ってくるばかりで^^;
どこのご家庭もそうなんですね~。
心配です^^;

| ふるふる | 2011/10/25 09:51 | URL | >> EDIT

Re: またまたわかります!

AZUSA-san

コメントありがとうございます♪

>「何にも残してくれなくていいから、借金だけは残さないで」

すっごいわかります!!!
これ、私達もよく言ってます!!!
「何か残してくれなんて贅沢なこと言わないから、
 負の遺産だけは残さないで」って。。。

本音ですよね。。。

できる限り、身軽に生きて行きたいものです。。。

Taemi

| Taemi | 2011/10/24 19:40 | URL | >> EDIT

またまたわかります!

こんにちは☆

これ、私もわかります!
私も母親に(父親は話題が何であれ、人の話を聞く耳を持たないので)「何にも残してくれなくていいから、借金だけは残さないで」って言ってあります(笑)

うちの実家にも物がたくさんあって、それは母も自覚しているらしく、
「週末の予定は?」
と聞くと、大抵が、
「片づけもの」
という返事が返ってきます(笑)

でも片付いてるのは見たことがないという・・・。

| AZUSA | 2011/10/24 13:38 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/160-eb4d880b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>