279: 読みやすい洋書って? -How Starbucks Saved My Life- 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 仕事のヒント > title - 279: 読みやすい洋書って? -How Starbucks Saved My Life-

>> EDIT

279: 読みやすい洋書って? -How Starbucks Saved My Life-

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



279-1
"How Starbucks Saved My Life by Michael Gates Gill"



祝★読破!!!

内容もわかりやすくて、

全体的にシンプルな英文で構成されている。

Nativeではない、"English Learner"にとっても、

とても読みやすい文章で構成された本だなと思った。



私が洋書に挑戦してみる時のポイントは、

わからないところでいちいち止まらない

ということ。



わからない言葉や表現で毎回毎回止まってたら、

私の場合、たぶん何年経っても終わらないwww

ひとつひとつ全部調べたりせず、とりあえず読み流す。



前後の文脈からなんとなくわかることもあるし、

全くわからないこともある。

それでも、ストーリーに影響がなさそうなら、

そのままスルーしてしまう。

進んで行って、何度も出てくる言葉があって、

その単語をスルーし続けたら話が理解できない、

ということになったらやっと調べる。



私の場合は、とにかく、

「ページが進んでる」

という実感が、読み続ける原動力になるから。





だけど、もちろん、

あまりにもわからなすぎて、

話がチンプンカンプンで、

全くページが進まないようだったたら、

それはもう、

「あなたのレベルでは無理」ということなので、

深く考えず、諦める。

279-2




そう、人生、諦めも肝心ね。



スタバ好きの人、
読みやすい洋書を探している人、
リストラ経験がある人、
キャリアについて悩んでいる人、

どれか1つでも当てはまれば、
なかなか興味深く読める1冊かなと思う。



【以下多少ネタバレ】




ものっっっすごく簡単にまとめると、

New Yorkの上流階級に生まれ、超名門大学に行き、
その後いい会社に勤めてものすごく稼いでいたおじさんが、
50歳台でいきなりクビを宣告されて、さらに数々の不幸が重なり、
60台になってスタバの店員として働き始める。
そこで起こった数々の出来事や、
そこで出会った人たちとの交流を通じて感じたことが書いてある実話本。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ

関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 仕事のヒント | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/316-d6320861

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>