327: 転職活動日記 その6 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 仕事のヒント > title - 327: 転職活動日記 その6

>> EDIT

327: 転職活動日記 その6

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆




327-1

315: 転職活動日記 その1
316: 転職活動日記 その2
317: 転職活動日記 その3
319: 転職活動日記 その4
321: 転職活動日記 その5


のつづき。



条件交渉】

3社目に面接した企業。

面接が終わった日の夕方に、

その求人の担当エージェントから電話があり、



"まだ正式ではないけれど、もし内定を出す場合、
どれくらいの条件なら来てくれそうか、
先方が探りに来ているけどどお?"


という連絡があった。

かなり志望度高かったところなのでうれし!!!



この段階まで来ると、エージェント
かなり積極的に話を進めようとしてくる。


内定が出る = 候補者が売れる = 売上があがる

ということだもんね。

鼻息荒くなるのもわかる。






最初の応募する時点で、

年収とだいたいの希望年収は伝えているけれど、


実際に働くとなった場合の具体的な細かいことは、

残業・各種手当・ボーナス・福利厚生の詳細まで、

細々した条件を含めると、けっこう変わってくると思う。



自分では1番、企業側と話しづらいこと。

でも実は1番気になる お金 の話



を代行してもらえるのは、

エージェント経由応募のメリット。




エージェントは、ほとんどのケースが、

企業に紹介してめでたく入社した人材の年収の●●%を

後日、その企業側から

"良い人材を探してくれた対価"

として受け取る方式らしい。

なので、1万円でも高く、ただし、

企業側の人件費予算に収まるレベルで、

話をまとめようと、がんばってくれる。

(交渉決裂したら、ゼロ円だからね・・・)


327-2




根拠のない莫大な年収UPを求めると決裂してしまうし、

かと言って、会社側が興味を示してくれている以上、

自分を安売りする必要もない。



転職エージェント

人材探しをアウトソースするような企業は、

特に応募者が「現職中」の場合、

今と変わらない、または今より低い待遇で、

"転職" という非常に大きなリスクをおかしてまで

良い人材が来てくれるとは思っていない。





エージェントといろいろと相談の上、

向こうの予算内に収まるであろう範囲で、

"このくらいなら、50/50でイケるでしょう。
 そのまま金額をのんでくれればラッキー。
 そこから少し下がった金額が出たとしてもまぁ、いいよね。"

というレベルで伝えてもらうことにした。



たまたま、もう1社、面接を受ける予定があったので、

"今週B社の面接受ける予定で、
 そこは最大●●●万円くらいまでの
 人件費予算だと言っている"

と、

"B社より低いとB社に行っちゃうかもよぉ~"

とチラつかせようということになった。

もちろん、B社に受かる根拠なんて何もないけれど。

そのへんは、エージェントが適当に

かけひきしてくれるらしい。


327-3


現職が有利

どんなに貯金があっても、
体を壊していないなら、
次が決まってから辞めたほうがいい



というのは、当たっていると思う。




今回の記事は、

お金の話ばかりだけど、

収入UPは、今回の私の転職活動における

大きな目的の1つだったから、

どうしても避けて通れないお話。


つづく。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ

関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 仕事のヒント | 21:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

yucka-san

コメントありがとうございます♪

なぜか最近、自分を含め、転職を考えている人や実際に活動している人が
やたらと多くて、「この大不況の中、ブームなのか?」と
思ってしまうほどです。

若いうちや、きちんと手に職がある場合は、
間をあけて休んでも大丈夫なのだと思います♪
ただ、30代・40代と年齢があがってくると、
なかなか理想の求人がない、あってもものすごく狭き門、
ということも多いそうなので、よく考えたほうがいいとも言われました。

「伝える力」、読みやすくてよかったです★
Taemi

| Taemi | 2012/06/03 20:00 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

Sheyln-san

コメントありがとうございます。
リクナビNEXTも、直接の求人企業ではなく、
人材紹介会社から連絡が入った場合はそういうシステムなのだと思います。
が、私も100%そうだという確証はないので、気になるようでしたら、
その都度、きちんと聞いてみるのが良いと思います。

"キレイに辞める"のも転職時の大きなハードルでもありますよね。
うまいこといくといいですね。


Taemi

| Taemi | 2012/06/03 19:55 | URL | >> EDIT

またしても記事に見入ってしまいましたー!
しばらく大変だったのは転職活動をされてたからなのですね。
本当にお疲れさまでした。そしておめでとうございます^^
転職の進め方もさすがです。デキる人は違うな〜と改めて思いました。
私も仕事に関して今後どうしていくかをちゃんと考えなくては と思っていて
でも自分がどうしたいかまだ見えてない状況です。
転職するならその前に一度ゆっくりしたいと思っていたので
次が決まってから辞めた方がいいという意見にやっぱりそうか・・・と^^;

Taemiさんがオススメしてた「伝える力」の本、読んでみようかな*

| yucka | 2012/06/02 12:23 | URL |

おはようございます☆

エージェント経由すると、お金の話を代行してもらえるんですね。
それは知らなかった・・・。
私はリクナビNEXTにとりあえず登録してるんですが、リクナビでもそういうシステムなんでしょうか?
それとも、人材派遣会社がそういうシステムなのかな?

私の方もようやく動きがありました。
退職願を出してから3週間、会社側は沈黙を守ったままだったので、何を考えてるのかと思って聞いてみたら、

「探す気はない」
「おまえが辞めたらつぶれるしかない」

などとわけのわからないことを言うので、社長と怒鳴り合いのケンカになりました(笑)

でも結果、探さないと会社が本当に困るし、私を引き止めることはできないと理解したらしく、ようやく後任探しに乗り出してくれたところです。

知り合いのツテで探してもらってるんですが・・・うまく行くといいなぁ・・・。
後任が決まって、その人が続けてくれそうなら、私もそろそろ転職活動に入ります。
ああ、緊張する・・・。

| sheyln | 2012/06/01 10:02 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/364-59305049

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>