332: 転職活動日記 その7 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 仕事のヒント > title - 332: 転職活動日記 その7

>> EDIT

332: 転職活動日記 その7

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆




315: 転職活動日記 その1
316: 転職活動日記 その2
317: 転職活動日記 その3
319: 転職活動日記 その4
321: 転職活動日記 その5
327: 転職活動日記 その6


のつづき。



327-1


【内定--->退職】

"細かい条件や、入社可能日"

などの細かい点をエージェントと話してから数日後。

"正式に内定が出たよ!" と 詳細の連絡があった。

条件や待遇も納得できるものだったので行くことに決めた。

数日後、正式な内定通知書が書面で届き、サインして返送。


エージェント側に、

"内定書類、サインして企業側に返送したよ" と伝えると、


"退職願いはもう出したか? 
 まだならいつ提出するのか?"


と、すぐに聞いて来た。



"待遇をあげるから残ってくれ"
"環境を改善するから残ってくれ"
"今辞められたら困る"
"後任がみつかるまでいてくれ"


などと止められて、情で心が動き、

合意したはずの入社日が守れなくなったり、

"やっぱり今のところに残ることにしました"

などと、転職自体をとりやめたりされたら、

大変な問題になるからだと思う。




"○○月●●日に現職の会社に退職願を提出する予定。
そして、xx月△△日付けで辞める。
何を言われても退職日を延ばす気は全くないし、
就業規則上その日程で問題ないことは確認済み。
合意した入社日には確実に入社するから大丈夫。
提出したらまた連絡します。"


と伝えた。



私個人の持論として、


家族経営・個人経営でもない限り、

普通の会社で、

●●さん1人がいなくなったら会社がつぶれる

なんてことは、ありえない。



普段の会話の中で

"●●さんがいなくなったらこの会社マジでヤバイよね"
"私がいなくなったらコレわかる人誰もいないんだけど"

ということはしょっちゅうある。



だけど、今まで数社での社会人人生で、

どの会社でどれだけ優秀な人が突然去った時も、

実際、その1人の人が辞めたことだけが原因で

つぶれた会社は今まで見た事がない。



誰かがいなくなってからしばらくの間、

残された人がものすごく大変になることはあっても、
(何度被害を被ったことか・・・)

それで明日が来ないなんていう企業はない。




だから、

"お金をちょっと積まれたら残る"

"必死に慰留されたら残る"

みたいな交渉の余地がまだ自分の中にあるなら、

最初から転職活動は必要ないと思う。
(超面倒くさいし、交通費かかるし、心労もすごいし)




すったもんだのあげく、残ると決めた方はまだしも、

"あの人、辞めると言ったのに結局残ったらしいよ"

"辞めるって言ったら給料あがったらしぃ。どんな会社よ?"

"あの人が優秀だから部長が引き止めたと
 本人は思ってるらしいが、
 実は、あの人いなくなると部長自身が
 大変になるからってだけだよね"

みたいな話は、あることないこと、周りに広まる。




周りに不要な波風を立てないためにも、

きれいに辞めたいと思った。

"もう辞めるからどうでもいい"

ではなく、どんな形であれ、

今まで数年、お世話になったのだから、

自分がいなくなることで

周りに及ぼす迷惑を最小限にするためにも、

できる限り引き継ぎをうまいことやって去りたい。



"飛ぶ鳥、後を濁さず" とはよく言ったもの。

世の中は狭い。

いつ何時また今の職場の人と

何かしら関わりが生まれるかわからないし、

バッタリ会うことがあるかもしれない。

将来、そんな"バッタリ"なことがあっても、

やましいことなく、普通に挨拶できる自分でいたい。




そんなわけで、

たいそう驚かれた退職願提出と、

数週間の怒涛の引き継ぎWEEKと、

淋しさを押し殺しながらの明るい送別ランチを経て、
(昼のほうが時間のびのびにならないし、
 夜ほど重たくならなくていいよねとなった)

"残念だけど、Taemiにとっては明るい話だしね"

と、前向きに送りだしてくれて、

私も涙することなく、職場を去れた。感謝感謝。



とにかく、あまり考えすぎないように、

最後の日も、普段通りにしようと努めた。

327-2




考えてみれば、みんなとてもいい人だった。

でも、どれだけいい人に囲まれ、 

"情"があっても、最終的には、

"彼らが一生私の面倒を見てくれるわけじゃないし"

ということで、自分に区切りをつけた私。

仲良かった人とはこれからも友達として

ごはん行ったりできそう。

(そしてだいたいそういう時の話って、
 "私も辞めたい"とかいう相談になりがち 笑)



有給消化もできたのがありたがい。

めでたく私を売れた(笑)エージェントと

"おめでとーごはん" に行き、

しっかり経費でごちそうしてもらった。

バタバタと引っ越しもする。
(詳しくはまた後日)

332-3





新しいとこ、不安も大きいけど、

できる限り、ぼちぼちがんばりたい。



どんな仕事でも、1番難しくて大変なのは

実は、 "続ける" ことだと思う。




今いるところにとどまるのが

1番良い選択肢の場合もあるだろうから、

よーくよーくよーく考えて。



もし、動くと決めたなら、先延ばしにせず、

1歳でも若いうちに!!!

というのが、今回の転職活動の実感。

332-4





おしまい。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ

関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 仕事のヒント | 10:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

sheyln-san

コメントありがとうございます♪

そうなんですねー、活動真っ最中なのですねーっ
ほーーーーんと、面倒くさいですよねーっっっ
書類も、最初は落とされて落ち込んでても、通るほうが珍しいから、
そのうち、「はいはい、またですか」って、変にドライになってきますよね。。。

あまりに落とされると、人間否定されてるような気分になるけど、
はっきり言って、本当に本当に、「通るほうが珍しい」という世の中だと思うので、
あきらめずに、次、次、次と、すすめていくしかないですよね。

10000社応募したって、自分が実際に最後にいきつくのは1社なわけで、
結局のところ、「運と縁」だな、と思います。。。

応援してます☆

Taemi

| Taemi | 2012/10/04 20:22 | URL | >> EDIT

お久しぶりです!

私も実際に転職活動を始めました。
リクナビNEXTを使ってるんですが、まぁ書類選考落ちの多いこと・・・(T_T)
京都の転職エージェントでは「現在ご紹介できる仕事はございません」と言われ、20社近く応募して、書類選考に通ったのは2社。
1社は面接日がどうしても都合と合わず辞退し、もう1社は面接に行きましたが、落ちました。(でも、どうも面接した副社長が、相性が合わなそうなので、もし内定いただいても辞退するつもりでしたが…)

Taemiさんのおっしゃる、「転職はめんどくさい」が、いま身にしみてわかります(笑)
あと、自分の経験の浅さも身にしみてます(涙)
私の住んでいる田舎の会社なら十分でしょうが、京都・大阪ではもっともっと上を求められる、ということがよくわかりました…。

20日に、別の転職エージェントとの面談があるので、いろいろと相談してこようと思います。

Taemiさんの転職日記、今日改めて読み返しましたが、参考になります!

| sheyln | 2012/10/04 13:56 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/370-e515f368

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>