434: テラスハウスを見て思い出した他人と住む感覚 -Share House- 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 海外生活のおもいで > title - 434: テラスハウスを見て思い出した他人と住む感覚 -Share House-

>> EDIT

434: テラスハウスを見て思い出した他人と住む感覚 -Share House-

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



434-4

テラスハウス を見ていて、

ふと、「他人と住む」という感覚を思い出した。





日本では、最近、

シェアハウスが流行っている」と言われながらも、

実際に誰かとシェアで住んでいる人の割合は

ものすごく少ないと思う。




海外では、HomestayやShareなど、

家族や恋人以外の他人と住むことも

いたって「普通」なところも多い。

私も、Australiaではそうしてた。

合計3つのシェアに住んだ。

今考えると、それぞれの家での時間が、

すっごくおもしろい貴重な体験だったなと思う。


434-5



なんだか色々となつかしくなって、

そんな「住まい」の思い出話。




1.20代のシンガポール人男性とインドネシア人女性のカップル+私
2LDKのマンションの1室。 A$190/週くらいだった。
カップルがオーナーでそこに私が入るという形。
朝夜逆転生活みたいなカンジのカップルだったので、
同じ家に住んでいても会うことが少なく、
基本、お互い干渉しなかった。
男はすごく穏やかでいい人だったけど、
女がものすごい感情の起伏が激しくて、
痴話喧嘩するたび、機嫌が悪くなるその彼女。
こっちまでそのとばっちりを受けることが増え、
居心地悪くて引っ越しをすることにしたんだっけ私。

434-3



2.40代のウクライナ系Australian女性+私
その女性の持ち家で、そこに私が入るという形。
2LDKの2F建てタウンハウス風。
当時、A$150/週くらいだった。
すっごくいい人なんだけど、「超恋愛体質」な女性。
彼氏だか元彼だかよくわからない人とスッタモンダしまくり、
毎晩のように色々とその男性の話を聞かされた。
最初の頃はおもしろくてまじめに聞いていたが、
仕事で疲れてヘロヘロで帰ってきてところに、
待ってましたとばかりに同じ男のグチを
死ぬほど聞かされたり、
「あんな男と二度と会わない。
 顔も見たくない。Piss off!!!」
とか夜に散々騒いでたと思ったら、翌朝いきなり、
彼女の部屋からその男と2人で出てきたりして、
「わけわからん…。話をまじめに聞くだけアホだ。」
と悟った私。 笑
でも、恋愛話をうんざりするほど聞かされたのも、
考えてみればよいListeningの勉強になったし、
そのエンドレスすぎる恋愛話以外は本当にいい人だった。
色々と生活面でわからないことを助けてくれたり、
たくさん友達を紹介してくれて私の知り合いが増えたり。
なので、今でもお友達。
あと、インテリアのセンスが抜群に良くて、
すごく快適なおうちだった。

434-1




3.30代の中国系インドネシア人男性+私
2LDKのマンションの1室。 A$170/週くらいだった。
その男性がオーナーでそこに私が入るという形。
母国に妻子を残し、自分は大学での研究の
仕事のために住んでると言ってた。
この上なく快適なシェアハウス・シェアメイトだった。

生活時間が2-3時間ズレていた
=お互い朝の準備の時間がかぶらず、
 顔を合わせることもなくちょうどよい。
=帰宅後も家に1人という時間が適度にとれた。

■お金に細かくない・がめつくない・そして清潔
=洗剤とか調味料とかトイレットペーパーとかお米とか、
 お互い、なくなりそうだと気付いたほうが買って、
 「じゃー次はこっちが買うね。」とか、
 「買い物ありがと。ビール1本あげる。」
 とか、そういうスタンスで楽だった。
=「オーナーだから得しよう」という心のない人で、
 光熱費もきちんと明細を見せてくれて半額にしてくれた。
=お互い、適度にキレイ好きだった。
=食べ物の好みが似ていた。

よく、同じように何人かでシェアで住んでる友達から、
「冷蔵庫の中身に名前を書いてるのになくなる」とか、
「バスルームの化粧品が勝手に使われてる」とか、
「オーナーが金に汚ない」とか、
「朝の準備の時間帯が一緒だからシャワーとか
 トイレとか使う時間がかぶってイライラする」とか、
「キッチンが信じられないくらい汚ない」とか、
「強烈な香辛料使われてめっちゃクサイ」とか、
そんな話を聞くこともあったけど、
そんな心配も全くなく、すごく安心快適な家だった。

男と2人でシェア

というと、色々なこと言われがちだったけど、
私にとっては安心&快適な生活空間そのものだった。

むしろ、

シェアメイトは男に限る!!!
 サッパリしてて面倒なことがなくて気楽♪」


と、友達に熱弁してたくらいだった。

434-2




写真は実際より良く映るものだと思うけど、

それを差し引いても、ゆったりしていて、

やっぱり日本の住宅事情とは全然違うなーと思う。

ちょっと戻りたいけど、でも、あの時はあの時で、

猛烈に「日本に帰りたい」と思うことも多かったし、

あの時だったからこそ、いい思い出なのだと思う。



今は、すべてが「いい思い出」だけど、

当時は当時で、いいことばかりではなく、

イヤなことだってたくさんあったし。

他人と住むのだから、ストレスないわけないしね。





ところで、日本のリアリティショーって、

やっぱりどこか演出っぽくて、

海外のと違って、全然エグくないね 笑

434-7


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 海外生活のおもいで | 14:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: ステキですね

とまと-san

コメントありがとうございます♪
そうですね。環境も大事だし、一緒に住む人次第で、
良くも悪くもなるのが、シェアかなと思いました。

人生、ほんといろいろですよね。。。
とてもとても短い時間では語りきれないお話だと思いますが、
とまと-sanにとってベストな結論に至ると良いですね。

Taemi

| Taemi | 2013/01/21 21:24 | URL | >> EDIT

ステキですね

私、、いろいろあって。。

今後一人で暮らすことになったら、シェアハウスを検討しよう
かなって気になってたんです。

そこに、タイムリーな記事!!!

ありがたかったです!

全くの他人と一緒に住むのって大丈夫なんだろうかって
思ってたんですけど、やっぱいろいろあったんですね。

でも、海外のお部屋、やっぱり広い!!!

すっごいステキですね!!

シェアハウスの恋人ってドラマ見てるんですが、

買ってきた食材に名前書くの、、、ズボラな私には
無理だなって思いました(笑)

でも、Taemiさんの記事で、男性とのシェアハウスは
悪くなさそうだなって思いましたよ~!

| とまと | 2013/01/20 16:02 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/502-48a74557

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>