506: 「仕事辞めたい」の相談に対する基本姿勢 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 仕事のヒント > title - 506: 「仕事辞めたい」の相談に対する基本姿勢

>> EDIT

506: 「仕事辞めたい」の相談に対する基本姿勢

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



506-1


基本姿勢 = 話半分で聞く








A嬢:
最近またストレスがすごくて
本気で辞めようかと悩み中~。
横にいる○○さんが無理すぎて。
相変わらずたいしたことじゃないことに
いちいち1人でギャーギャー文句言って
忙しい忙しいって騒いでる。
無駄に騒ぐヒマあるんだから忙しくねーだろっ、
騒ぐヒマあったらやれよってカンジ。
契約7月までだから辞めようかと思ってる。
「慣れてる」っていう以外、
ここにいるメリットが何もないんだよね。

506-4





B嬢:
もーマジうち、終わってるんだけどっ!!!
xxが腐りきっててさ。
何もしないであの給料ってホンットに許せないんだけどっ。
アイツこそ切られればいいのにっ。
そしたら20代の人2人雇えるよっ。
あまりにアホらしくて次のボーナスで辞めようかと思ってる。

506-2




C嬢:
また▲▲の季節だけどさ、
もう会場の準備しなくちゃいけないのにさ、
いまだにAgendaも二転三転してんだよ。
ホントばかでしょ。
ほんとにほんとにほんとに迷走止まらないよここ。
とりあえず来週いっぱい、皮肉屋のxxが
ヨーロッパに帰って不在なのが救い。
しばらく帰ってくんなってカンジだよ。
その間に転職登録行こうかと思ってる。

506-3




先週。

…来るわ来るわ、この手のメッセ。

そういうバイオリズムなWEEKだったのかな?





どこにいても、いろいろあるよね…。





私、今まで4社行ってて、

ありがたいことに辞めてからも繋がっている友人が

それぞれの会社に数人ずついる。








その人達にとって、

もう辞めたからそこにはいないけど
社内事情や人を知っている私



は、




どこから漏れるかわからないから、
どんなに仲良い社内の人でも、
社内の人な以上、絶対に言えない話


でも社内のことを知らない友達や家族に
話しても全く響かない話


だから、状況は知ってるが何を言っても
社内の人には絶対に漏れないという
安心な相手に聞いてほしい話





の、絶好の話相手 笑







わかるよねぇぇぇ。

吐きだしたい気持ち。

誰かに聞いてほしい気持ち。











でも、私、

友人の「仕事辞めたい」という話は、

"話半分"で聞くことにしている。


本気で親身にはならないことにしている。







だって、私、

責任持てないし。

その人の人生を左右する選択に。





だってだって、私、

知ってるし。

「辞めたい」

と他人にグチってる間は、

100%、辞めないってこと。

(自分のケースで実証済み)






だってだってだって、私、

経験してるし。

自分から「辞める」と決める時、

他人の意見なんて参考にしないって。

結局、自分の想いだけだって。







■ダンナの転勤について行くことになった

■妊娠をきっかけに産休じゃなくて辞めることにした

■前からなりたかった●●になるために脱サラすることにした


などの、キレイな理由ではなくて

「現状がイヤすぎる」という理由で

本当に辞める時は、

他人に相談する精神的余裕なんてないしね。







だから私は、

A嬢も、B嬢も、C嬢も、

まだしばらくは、今の会社にいると思う。



B嬢なんて、ずーっと同じようなこと言いながら、

もう9年、そこにいるからね。






冷たいわけじゃなくて、

他人のこととなると、極論は、


「じゃー辞めちまえ」


じゃない?

(私が病んでた時にこのBlogを見ていた方は
 さぞかしそう思っていたことでしょう。。。)



506-5








だから、ヘタに、

思ってもいないことを言わないためにも、

あまり意見しないことにしてる。

ただただ、

「ああ、そうだよねー」
「そーなんだぁぁぁ」
「そうだったよねー」
「それありえないねー」

と、聞いてることが多い。

アドバイスなんて求めてないこと、あるよね。

ただただ、聞いてもらいたいってこと。






そんなわけで、

こういうグチメッセが来るのをきっかけに、

「久々にごはんいこーよー♪」

という流れになることが多い私。



独身ひとり暮らしは、

こういう時、急でも遠慮なく誘いやすい、

「都合のいい女」なのかも知れません。

(ざんねん私)




あーあ、週3勤務くらいで、

あとは遊んで暮らせたらいいのにね。










「意に沿わない仕事をしてる人はたくさんいる。
 今の境遇をプラスにできるか否かは
 ――――判君次第だね」

「職場では、仕事のできる人が
できない人を養ってるんだ」

「人は誰でも満たされない気持ちを抱えたまま
 仕事をしている。
 それでも誰もが投げださないで仕事をしている。
 仕事をして金を貰うと言うのはそういう事だ。」 


バンビ~ノ、考えさせられるセリフ多い。



この土日、ひっさびさにバンビ~ノ見たら、
悶えまくっちゃったよぉぉぉ。

雨の中、殴られ、蹴られ、はり倒され…。
あーゆーの、たまらんっっっ
あまりに似合わない不自然な福岡弁萌え。
地方出身色、なさすぎ萌え。
ギャルソンエプロンからの逆三背中激萌え。







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 仕事のヒント | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/582-679badc8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>