636: 隣人に会う確率 東京 一人暮らし OLのホンネ

東京 一人暮らし OLのホンネ

お得な生活で楽しく生きているOLの秘密やホンネをつづります。

東京 一人暮らし OLのホンネ


<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


HOME > 住まい探しのヒント > title - 636: 隣人に会う確率

>> EDIT

636: 隣人に会う確率

全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆



■このブログをリンクに追加■



朝、家を出る時にドアを開けたら、

お隣さんも同じタイミングでドアを開けて

バッタリ。



「あ・・・、おはようございます」



と挨拶をして、お互いにカギを閉め、

一緒のエレベーターで1Fまで降りて、

ゴミ捨てまで一緒だった。



なんとなーく気まずい空間ながらも、

お互い、

自分と似たような年代の女性


ということがわかり、

ホっとしてる空気が流れた気がする。






普段、ほとんど物音もしないし、

ベランダで顔を合わせることもない造り。




その挨拶以外、特に交流はないけど、

変な人じゃなさそうだ

ということがわかっただけでも良かったかな。




変な人じゃなさそうだ

と言える根拠は、

挨拶と出で立ちとカン

だけなのだけど。





関係が極めて希薄と言われる現代の集合住宅。


寂しい、孤独、冷たい

と言えば確かにそうだけど、

あまり深く関わりすぎて面倒なことになっても困る

というのもホンネかな。




24hやっているお店もある時代。

「ちょっとお醤油を切らしちゃったので貸して」

なんてこと、まずありえないし、

私は、挨拶程度がちょうどよい距離に感じるかな。




ところで、

今の家に引っ越して2年弱だけど、

そのお隣さん以外、

同じ階の住人には、誰も会ったことがない。

避けてるわけじゃなくて、

普通に出入りしてても、会ったことがない。



隣人に会う確率、私、かなり低い

のかも。





そーいえば、以前住んでいた建物で、

突然、全館停電になったことがあった。

でも、他のまわりの建物は全部電気ついていた。

その建物は5F建てで、4Fまでは賃貸で、

5Fは全て大家さんのフロアという造りだったため、

暗闇に焦りまくった私たち住人が、

みんなゾロゾロとドアから出てきて

5Fにあがってワサワサなったことがあったな。



みんな、

初対面で初めて交わした会話のひとこと目が、

「つかないですよね?」
「ブレーカーじゃないですよね?」
「この建物だけですよね?」


という、不思議な出会いだった。

大家さんも出てきて、

管理会社とか東京電力とか色々電話してて、

数分で復旧したけど。



電気がついた後の、

「あ…、じゃぁ…」
「あ…どうも…おやすみなさい…」
「失礼します…」


という不思議な挨拶のあと、

それぞれ部屋に戻っていくビミョーな空気、

すっごく覚えてる 笑



希薄な関係の住宅事情でも、

いざとなれば、対面するものです。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ 人気ブログランキングへ



全記事を最初から見るには→ ☆こちら☆
関連記事
◆お金・節約・貯金         ◆OLの裏事情・ホンネ
◆美容・コスメはコレ!     ◆住まい探しのポイント
◆家具・キッチン・収納   ◆家電選び
◆仕事・精神バランス      ◆家事のヒント
◆東京エリアをぷらぷら   ◆行ったLIVE/エンタメ
◆海外生活のコト            ◆お料理のヒント

| 住まい探しのヒント | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://taemismile.blog.fc2.com/tb.php/728-feb844ae

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>